最新情報

2014年10月21日
その他の故障トラブル
FR車はスポーツカーなどに多い
FR車は主役の座をFF車に奪われてしまいましたが、いまだにスポーツカーや高級車には採用されています。 FR方式は、縦置きにしたエンジンを前に配置し、後ろにトランスミッション、プロペラシャフト、デファレンシャルギアが並んで・・・
2014年10月19日
その他の故障トラブル
FF方式の自動車は生産性が高く走りも安定している
一昔前まで、乗用車ではFR車が主役でした。しかし、いまではほとんどがFF車になっています。FFは効率的でコストが安いため、メーカーにもユーザーにもやさしい方式なのです。 FF方式はエンジンと駆動輪が両方フロントに存在して・・・
2014年10月17日
その他の故障トラブル
駆動方式とエンジンの位置で自動車の性質が変化する
自動車に詳しい人は、よく「FF」「FR」などの用語をだしてきます。これらはエンジンの搭載位置、そして駆動方式を表す略称です。 エンジンの搭載位置は一般的にフロント(前)にありますが、他にもリア(後ろ)、さらにはミッド(中・・・
2014年10月14日
その他の故障トラブル
事故を起こさない自動車が実現するかも
今では信じられないことですが、数十年前までは、日本では自動車の安全性にタッチすることは禁忌とされてきました。その間も欧米メーカーは安全対策を進めていましたが、日本では安全運転さえすれば問題ないとされていたのです。 それが・・・
2014年10月9日
その他の故障トラブル
自動車のタイヤにも長い歴史がある!
車輪の歴史はかなり古く、紀元前に産声を上げています。はじめは木造などの車輪が使われており、台車に装着して単純な用途に使われるのにとどまっていましたが、長い時間かけてゆっくりと進化していき、19世紀なかごろになってゴムタイ・・・

FR車はスポーツカーなどに多い

FR車は主役の座をFF車に奪われてしまいましたが、いまだにスポーツカーや高級車には採用されています。 FR方式は、縦置きにしたエンジンを前に配置し、後ろにトランスミッション、プロペラシャフト、デファレンシャルギアが並んで・・・

FF方式の自動車は生産性が高く走りも安定している

一昔前まで、乗用車ではFR車が主役でした。しかし、いまではほとんどがFF車になっています。FFは効率的でコストが安いため、メーカーにもユーザーにもやさしい方式なのです。 FF方式はエンジンと駆動輪が両方フロントに存在して・・・

駆動方式とエンジンの位置で自動車の性質が変化する

自動車に詳しい人は、よく「FF」「FR」などの用語をだしてきます。これらはエンジンの搭載位置、そして駆動方式を表す略称です。 エンジンの搭載位置は一般的にフロント(前)にありますが、他にもリア(後ろ)、さらにはミッド(中・・・

事故を起こさない自動車が実現するかも

今では信じられないことですが、数十年前までは、日本では自動車の安全性にタッチすることは禁忌とされてきました。その間も欧米メーカーは安全対策を進めていましたが、日本では安全運転さえすれば問題ないとされていたのです。 それが・・・

自動車のタイヤにも長い歴史がある!

車輪の歴史はかなり古く、紀元前に産声を上げています。はじめは木造などの車輪が使われており、台車に装着して単純な用途に使われるのにとどまっていましたが、長い時間かけてゆっくりと進化していき、19世紀なかごろになってゴムタイ・・・

ディーゼルエンジンは環境にいいの?

最近、ヨーロッパでは環境意識が高まっており、ディーゼル乗用車が人気を集めています。たとえばフランスでは、販売される自動車の50%以上がディーゼル車となっているほどです。 ディーゼルエンジンの利点は、ガソリンエンジンよりも・・・

自動車整備は儲かるのか?

自動車整備の工員が儲かりすぎ、というのが気になります人が多いようです。それはそのとおりで、車の整備は、これだけたくさん車が走っていて、 車検のときでも普段でも仕事があります。日本車は壊れにくいという神話がありますが、それ・・・

エアクリーナーも定期的な交換が必要

自動車にはさまざまなフィルターが搭載されています。エンジンオイルの汚れを取り除くオイルフィルターや、排気ガスの有毒物質を化学変化させる触媒などがそれです。 そして、エンジンに取り込む空気を浄化するフィルターがエアクリーナ・・・

タイミングベルトは走行距離10万キロで必ず交換

中古車を購入する際、走行距離が10万キロ前後の車には「タイミングベルト交換済み」などの記載を見かけることがあります。これはタイミングベルトは10万キロに1回交換するのが常識であり、「うちの店はきちんと交換していますよ」と・・・

2次エアがアイドリング不調の原因?

アイドリングが不安定になる原因にはさまざまなものがありますが、珍しい例としては2次エアがあります。 吸入空気量を調べるセンサーから燃焼室までの間に穴が空くと、外の空気を吸いこんでしまいます。そうなるとコンピューターが把握・・・

サブコンテンツ

このページの先頭へ