エアクリーナーも定期的な交換が必要

自動車にはさまざまなフィルターが搭載されています。エンジンオイルの汚れを取り除くオイルフィルターや、排気ガスの有毒物質を化学変化させる触媒などがそれです。

そして、エンジンに取り込む空気を浄化するフィルターがエアクリーナーです。燃料を燃やすためには空気が必要ですが、ゴミを取り込まないようにエアクリーナーを経由させる必要があります。

例えば空気中には砂が含まれていることがありますが、エアクリーナーがないと砂がそのまま吸い込まれ、シリンダーなどに傷をつけてしまうことがあるのです。砂ならまだしも、小石などを吸い込んでしまったらエンジンに与えるダメージは計り知れません。

オイルフィルターなどと同様、エアクリーナーも走行距離に応じて汚れていきます。そのため、定期的に交換する必要があります。ただ、エアクリーナーは他のフィルターと違い、エンジンの上部に配置されていて簡単に交換することができます。また、汚れが見ただけでわかるので、交換時期も容易に推測することが可能です。

交換の目安は走行距離が2~3万キロに達したころになりますが、走行している環境によってはもっと早くエアクリーナーが汚れることがあるので、交換したほうがよいかは目で見てチェックしたほうがよいでしょう。

さらに、定期的にエアクリーナーを取り外して、張り付いた砂や小石を落とすようにすればエアクリーナーは長持ちします。エアクリーナー自体数千円なので高価なものではありませんが、できるだけコストを抑えたいならしっかりメンテナンスするとよいでしょう。

コメントを残す

*

サブコンテンツ

このページの先頭へ