タイミングベルトは走行距離10万キロで必ず交換

中古車を購入する際、走行距離が10万キロ前後の車には「タイミングベルト交換済み」などの記載を見かけることがあります。これはタイミングベルトは10万キロに1回交換するのが常識であり、「うちの店はきちんと交換していますよ」ということを示しています。

シリンダーヘッドのバルブとクランクシャフトの回転は完全に同調する必要があります。そのため、タイミングベルトで結んで同時に回転するようにします。だからこそ「タイミング」ベルトと呼ばれています。

このタイミングベルトはゴム製のため、走行中に切れてしまうことがあります。そうなると、エンジンが直ちに焼き付いて完全に故障してしまい、オーバーホールが必要となります。10万キロまでは故障しにくいことがわかっているために、中古車販売店では「交換済み」ということをアピールするのです。

このタイミング部品には、「タイミングチェーン」というのもあります。こちらは金属製のチェーンでできており、そうそう切れることはありません。そのため、10万キロ程度では交換しないことがほとんどです。

しかし、オイル交換などのメンテナンスをしていない場合は、タイミングチェーンでも劣化が早い場合があります。走行距離が10万キロ程度で切れることはめったにないと思われますが、前のオーナーのメンテナンスが悪かった場合は、念のため10万キロ程度で交換しておいたほうがよいかもしれません。

なお、タイミングベルトやチェーンの交換費用は工賃と合わせておおよそ3~4万円となります。

コメントを残す

*

サブコンテンツ

このページの先頭へ