ディーゼルエンジンは環境にいいの?

最近、ヨーロッパでは環境意識が高まっており、ディーゼル乗用車が人気を集めています。たとえばフランスでは、販売される自動車の50%以上がディーゼル車となっているほどです。

ディーゼルエンジンの利点は、ガソリンエンジンよりも燃焼効率がよく、燃料そのものも安いため、燃費がよくなりやすいということです。またCO2排出量が少ないため環境にもやさしいというわけです。地球温暖化防止の意識が高いヨーロッパで人気になるのもうなずけます。

また、トルクが強いため、実用面でディーゼルを選んでいる人も多いようです。

一方、ディーゼルエンジンは、ガソリンエンジンに比べて窒素酸化物や粒子状物質(PM)といった大気汚染物質が多く排出され、パワーが弱くで騒音や振動も大きいという特徴があります。また、エンジンを頑丈にする必要があり、重くなってしまう欠点もあります。こうみるとデメリットが多く感じてしまいます。

ところが、ヨーロッパのディーゼルエンジンはたゆまぬ開発により、、最新のテクノロジーを利用してそうした欠点を克服しています。排気ガスの排出量もガソリンエンジン並みに抑えられており、パワーも十分にあります。騒音や振動についても改善が見られます。

ただでさえ燃費がよくて環境にもやさしく、さらに欠点もなくなっているのですから、人気が高まっているのは当然と言えます。
PR:スイフトの値引き交渉術はコチラ

コメントを残す

*

サブコンテンツ

このページの先頭へ