自動車のタイヤにも長い歴史がある!

車輪の歴史はかなり古く、紀元前に産声を上げています。はじめは木造などの車輪が使われており、台車に装着して単純な用途に使われるのにとどまっていましたが、長い時間かけてゆっくりと進化していき、19世紀なかごろになってゴムタイヤが発明されました。

最初のゴムタイヤはたんなるゴムの輪であり、これをホイールにまきつけていました。今使われているような空気入りのゴムタイヤは、1888年に英国のダンロップが自転車用に開発したのが最初です。そして、1895年にフランスのミシュランが初めて自動車用のゴムタイヤを開発しました。

空気入りゴムタイヤは自動車は大幅なスピードアップを果たし、クッション効果によって乗り心地もずっとよくなりました。現在のタイヤも基本的な構造は変わりませんが、材質や細かい構造、そして性能面においては比較にならないほど進化しています。

現在のゴムタイヤには、バイアスやラジアルといった構造の違い、夏用や冬用といった違いなどがあります。ですが、自動車の重さを支え、走行中のショックを減らしたり、パワーを地面に伝えたりなどの機能は変わりません。
フリードの値引きにはポイントが一つある

コメントを残す

*

サブコンテンツ

このページの先頭へ