駆動方式とエンジンの位置で自動車の性質が変化する

自動車に詳しい人は、よく「FF」「FR」などの用語をだしてきます。これらはエンジンの搭載位置、そして駆動方式を表す略称です。

エンジンの搭載位置は一般的にフロント(前)にありますが、他にもリア(後ろ)、さらにはミッド(中間)あります。ほとんどの自動車がフロントエンジンで、リヤエンジンやミッドエンジンはスポーツカーなどが採用しているにとどまっています。

駆動方式は、前輪駆動(FWD)、後輪駆動(RWD)、そして4輪すべてを駆動する4輪駆動(4WD)があります。4WDは全輪駆動ということでAWD(All Wheel Drive)と呼ばれることもあります。

エンジンの搭載位置と駆動方式を組み合わせるといくつもの方式が実現できますが、実際にはフロントエンジン・前輪駆動の「FF」が主流です。「FF」は「フロントエンジン・フロントドライブ」の略となります。

「フロントエンジン・リアドライブ」の「FR」の自動車もそれなりにあります。4輪駆動自動車も多いですが、エンジンには言及されず、単に「4WD」と呼ばれることが多いようです。

なお、リヤエンジン・リヤドライブは「RR」、ミッドシップエンジン・リヤドライブは「MR」となりますが、そのほかの組み合わせは採用数が非常に少ないため、略称で呼ばれることはほとんどないようです。

こうしたエンジンの搭載位置と駆動方式によって、自動車の性能や生産のしやすさ、コストなどが大きく異なりますが、乗用車ではコストが安いFF方式を採用する自動車が多くなります。

コメントを残す

*

サブコンテンツ

このページの先頭へ