自動車整備は儲かるのか?

自動車整備の工員が儲かりすぎ、というのが気になります人が多いようです。それはそのとおりで、車の整備は、これだけたくさん車が走っていて、 車検のときでも普段でも仕事があります。日本車は壊れにくいという神話がありますが、それでも完璧ではなく、時折調子が悪くなったり故障する車が現れるからです。そのわりには、なり手が少ないためか人手不足が続いているという噂です。 自動車学校などは若干停滞しており、工員になろうとする若者はやや減少傾向にあるようです。

工員になれば、高級車や大型ワゴンを新車で乗り回しているのもいるほど儲かります。 工場には横のつながりがあり、安く買える中古車などの情報が教えてもらえるというのもありますが、やはり給料がそれなりに高いということもあるのでしょう。
いったい自動車整備はどのぐらい儲かるのか、実態のほどは知りませんが、 見かけでは金に困らないどころか富裕層のようになっていっています。
日産ノート値引き交渉に<絶対>見逃せない注意点とは?

コメントを残す

*

サブコンテンツ

このページの先頭へ