FF方式の自動車は生産性が高く走りも安定している

一昔前まで、乗用車ではFR車が主役でした。しかし、いまではほとんどがFF車になっています。FFは効率的でコストが安いため、メーカーにもユーザーにもやさしい方式なのです。

FF方式はエンジンと駆動輪が両方フロントに存在しています。そのため部品類を前のほうに効率よくまとめることができ、車内を広くして居住性を高めることができます。

最初は小型車の居住性向上の点で注目されましたが、最終的には中型車・大型車にもFF方式が採用されていきました。

エンジンなど主要部品の開発には莫大な開発費用が必要です。そのため、同じエンジンなどが複数のモデルに採用される傾向があります。FF方式はメカニズムが前に密集しているため、デザインの異なる派生モデルがつくりやすいというメリットがあります。そこで主要モデルがFF化されると、構造を流用してワゴンやミニバンなどの異なる形態の自動車をどんどん作ることができ、結果的にFF車ばかりになっていったのです。
ムーヴの値引きをしてみよう
FF方式を性能面でみてみましょう。フロントが重くなり、前輪で自動車を駆動させるため、直進するさいの性能は高いです。また、雪道でもFR車よりはハマりにくい傾向があります。

一方、急加速や上り加速ではトラクションが弱くなる傾向があります。また、前が重いので曲がり角ではアンダーステアが起こりやすくなります。

つまり、直進安定性は高いが、コーナーでは少し弱いという特徴があるということになります。

コメントを残す

*

サブコンテンツ

このページの先頭へ