FR車はスポーツカーなどに多い

FR車は主役の座をFF車に奪われてしまいましたが、いまだにスポーツカーや高級車には採用されています。

FR方式は、縦置きにしたエンジンを前に配置し、後ろにトランスミッション、プロペラシャフト、デファレンシャルギアが並んでいます。トランスミッション以降はキャビン側に置かれるため、そのぶん車内が狭くなる傾向があります。そのせいか、FR車は居住性が悪かったり、2シーターしかなかったりすることがあります。

しかし、走行の面ではFF方式に比べてFR方式はずいぶん優れています。前輪が舵取りのみを行うため、グリップが高まり、アクセルを開閉してもハンドルを取られにくくなります。

そして、前後の重量バランスがいいためアンダーステアが起きにくく、快適にコーナーを曲がることができます。さらに、急加速や登り加速も、後ろのタイヤに荷重がかかるためFR方式のほうが優秀です。

しかし、駆動輪に大きな荷重がかからないため雪道発進は難しくなり、雪にハマって動けなくなることもよくあります。

車内が狭くなるが、ハンドリングしやすくコーナリング性能が高い、そして急加速もバッチリ。なのでスポーツカーではFR車が多く採用されています。また、大きなエンジンが必要な高級車にも適しています。

コメントを残す

*

サブコンテンツ

このページの先頭へ