触媒が故障すると排気ガスが詰まってしまう

排気ガスをクリーンにするのが触媒です。排気ガスが触媒を通過することで、窒素酸化物などの有害物質を化学変化させ、無害な物質に変化させます。 触媒は蜂の巣状の形をしており、小さな部屋がたくさんあるため、接触面積が大きくなり排・・・

ATに深刻なトラブルが起こったときは

機械制御のAT車に乗っている場合、時間経過とともにどうしてもクラッチなどが劣化してきます。そうすると、バックしなくなったり、シフトアップやダウンがうまくいかないなどの症状が現れます。この場合は、ATを乗せ換えたり、ATオ・・・

ミッションマウント劣化による乗り心地の変化

ATは「ミッションマウント」というショック吸収装置の上に乗っています。しかし、これが劣化するとエンジンの振動を直に受けるようになるほか、シフトショックを感じるようになる場合もあります。マウントは消耗品で走行距離や時間によ・・・

ATFは基本的に漏れないが漏れたときは注意

ATFは高温になりやすい特性がありますが、そのままだと劣化するためラジエーターを経由させて冷却させます。そのために使用するのがATクーラーホースです。車両が古くなるとクーラーホースの結合部が弱まってオイル漏れすることがあ・・・

ストレーナーの交換もAT維持には重要

ATFの交換2回につき1回程度、オイルストレーナーを交換したほうがよいと言われます。そうすれば、ATFの汚れを取り除く機能が復活します。 ATF交換と同時にストレーナーを交換するときはATのオイルパンを外しますが、このと・・・

ATFの交換にはある程度のスキルが必要

ATF(オートマチックトランスミッションフルード)も、エンジンオイルと同様上抜きと下抜きがあります。上抜きは機械で作業ができるため、カー用品店などに依頼した場合はほとんど上抜きで交換が行われます。 しかし、ATFの汚れが・・・

ATFもエンジンオイルと同様定期的な交換が必要

10年程度前のAT車の場合、まだ機械制御が採用されており、動作にATF(オートマチックトランスミッションフルード)が必要となります。エンジンオイルと同じく、継続使用するとだんだん汚れがたまっていき、コンディションを低下さ・・・

サブコンテンツ

このページの先頭へ